2007年04月28日

上級シスアド−製品ライフサイクル戦略

製品が、製品開発期、導入期、成長期、成熟期、衰退期のどこにあるかによって最適な戦略をとっていこうとするもの。

1.導入期:
 新しい製品を販売を開始した直後は認知度が高くないため、需要量は低い。先端顧客を対象としたスキミング戦略が採られることが多い。
2.成長期:
 一度認知され成長期に入ると需要量は急激に増加するため、市場に参入する業者が増加する。
3.成熟期:
 需要量は頭打ちとなるものの、市場参入業者はさらに増加するため競争が激化する。
4.衰退期:
 技術革新などのために衰退期に入ると需要量は減少し、市場から業者が撤退していく。この時期にとる戦略は収穫戦略。


システム管理者を目指すなら ←←←お奨め:★★★★★
上級システムアドミニストレータを目指すならこれ!

               最新記事へ     トップページ



ほとんどのユーザーがキーワードを入力して商品を見つけてレジへ進むといった、基本的な方法で利用しているケースが多いのが現状..

タグ:用語辞書
posted by ミニミニ管理者 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語辞書



ブログランキング挑戦中!
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
↑↑IT資格ブログランキング↑↑

ブログランキング

資格ブログランク


システム管理者を目指すなら
ミニミニ診断士の頑張れ!中小企業診断士
システム管理者にとって業務知識は必須です!
AX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。