2011年09月06日

サークル・ロック・ドア−データセンター用語

サークル・ロック・ドアとは、セキュリティーエリアに非認証者が侵入するのを防ぐ、1人用前室のような円形のインターロックドアシステムです。 共連れ(ピギーバック)行為やすれ違いを探知してセキュリティを確保します。

サークルロックドア


エアロックのような仕組みで、小さな空間の前後に2つのドアを設ける。このドアが両方いっぺんに開くことはない。

エアロック
2枚の気密扉が順に並んでいて、それらが同時には開かないようになっている。気閘(きこう)とも呼ばれる。


《関連用語》
アンチパスバック機能
共連れ防止
ローターゲート
マントラップ
スイングゲート


posted by ミニミニ管理者 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語辞書



ブログランキング挑戦中!
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
↑↑IT資格ブログランキング↑↑

ブログランキング

資格ブログランク


システム管理者を目指すなら
ミニミニ診断士の頑張れ!中小企業診断士
システム管理者にとって業務知識は必須です!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
AX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。