2007年05月24日

午前知識−システムの信頼性

システムの信頼性を示す指標としてMTBF(平均故障間隔)、MTTR(平均修理時間)、稼働率がある。
1)MTBF:1を故障率で除した値のこと。この値が大きいほどシステムの信頼性が高い。
2)MTTR:1を修理率で除した値のこと。この値が低いほどシステムの保守性が高い。
3)稼働率:MTBF/(MTBF+MTTR)の値のこと。これはシステムの可用性をあらわす。
※このため、MTBFとMTTRが共に1.5倍になったような場合においては1.5/(1.5+1.5)=1/(1+1)であり、稼働率は変わらない。
4)障害率:(1−稼働率)の値のこと。


システム管理者を目指すなら ←←←お奨め:★★★★★
上級システムアドミニストレータを目指すならこれ!

               最新記事へ     トップページ
posted by ミニミニ管理者 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語辞書



ブログランキング挑戦中!
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
↑↑IT資格ブログランキング↑↑

ブログランキング

資格ブログランク


システム管理者を目指すなら
ミニミニ診断士の頑張れ!中小企業診断士
システム管理者にとって業務知識は必須です!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
AX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。