2007年07月26日

警視庁のコンピュータ犯罪捜査官に情報処理技術者試験が必須!

警視庁で募集している職種に「コンピュータ犯罪捜査官」というのがあるのをご存知ですか?

警視庁のホームページによると
特別捜査官には、「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別があり、捜査に携わる幹部警察官として、それぞれの分野で、犯罪抑止・事件解決と犯人検挙のための活動が展開されています。

との事です。

因みにコンピュータ犯罪捜査官の募集では、情報処理技術者試験が受考資格になっています。

採用は、巡査部長(3級職)で、受考資格は、「ソフトウェア開発技術者又はこれに相当する資格(※) を有し、かつ、民間等における3年以上の有用な職歴を有する人」となっており、この相当資格には「中小企業診断士(情報部門)」「第一種情報処理技術者」「情報セキュリティアドミニストレータ」があがっています。

残念ながら上級システムアドミニストレータは入っていませんが、関連資格の情報セキュリティアドミニストレータが含まれていたのは嬉しい限りです。

システム管理者を目指すなら ←←←お奨め:★★★★★
上級システムアドミニストレータを目指すならこれ!
情報処理技術者試験を目指すなら!

               最新記事へ     トップページ
posted by ミニミニ管理者 at 23:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 情報処理ニュース



ブログランキング挑戦中!
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
↑↑IT資格ブログランキング↑↑

ブログランキング

資格ブログランク


システム管理者を目指すなら
ミニミニ診断士の頑張れ!中小企業診断士
システム管理者にとって業務知識は必須です!
この記事へのコメント
日本ではITやくざ、つまり公務員を含めたコンピュータやくざが暗躍している。ゴオーという汚い騒音に加えて、毎日深夜になると、私の携帯電話にも出会い系サイトの脅迫状が何通も送りつけられる。NTTドコモなどの会社員自体がやくざなのだから平然と脅迫状を送りつけてくる。就職活動をまねて結婚活動などとマスコミ人があおっているせいで、出会い系の詐欺サイトがあちこちにあふれている。そんな出会い系サイトは実は全く出会えないサイトなのだ。例えば、「タダコイ」という無料サイトに参加しただけで、数えきれないほどたくさんの有料詐欺サイトに登録されてしまう。表示は「安心サイト」と書いてあるこれらのサイトは、実際にはとんでもない高額のカネを強盗するサクラばかりの犯罪サイトである。例えば「メールライフmail@cancanmixi.jp」は悪質そのものである。ワンクリック詐欺や後払い詐欺があたりまえで、ちょっと押し間違えただけでポイントの千倍から万倍の金額を「あとで払ってもらうぞ!」と請求される。それらの大量メールが夜も昼も二十四時間中送りつけられる。一分間に二三通の頻度で一日に数千通も送りつけられる犯罪メールは、こちらの配信停止のメールを全く無視して、数か月以上も何年にもわたって毎日毎日送りつけられるのだ。つまり、深夜眠っている耳元で着信音が夜通し鳴り響いているのだ。なんと、これらのコンピュータ犯罪人は公務員に莫大なわいろを贈っているので、これらの振り込め詐欺サイトは数えきれないほどたくさくある。彼らはさらに司法機関とも提携して少額訴訟で弁護士費用まで被害者から取り立てている。いくら金持ちやくざが法曹のスポンサーだからといって、司法研修所の教官が暴走族や暴力団と結託しているような闇の癒着があちこちで見られるのだ。出会い系サイトは、私もずいぶん調べてみた結果、出会えるサイトは全然ない。ソープランドやキャバクラなど風俗経営者が店の女を従業員つまりサクラとしてやらせているものや、暴力団と弁護士が組んで闇の資金源にしているものなど、すべてがウソとペテンの詐欺サイトだ。すべての出会い系サイトを全部やめさせるべきなのだ。公務員や司法と暴力団が連携して、これらの振り込め詐欺サイトを運営していること自体とんでもないことだ。これらの出会い系サイトを全部廃止させるべきである。
Posted by 出会い系サイトをすべて廃止しましょう。 at 2011年02月04日 05:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49302339

この記事へのトラックバック
AX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。