2007年05月11日

上級システムアドミニストレータ試験の重点ポイント

上級システムアドミニストレータ試験での重点ポイントを上げると
 1)業務システム改善企画の立案
 2)情報システム構築のためのマネジメント
 3)情報システム利用の為のマネジメント
の3項目になります。この視点で物事を捉え、判断していくことになります。上記をみるとマネジメントに徹していることが分かりますが、経営者と現場の橋渡し的役割を担い、調整していくことこそが上級システムアドミニストレータの役割なのです。

この項目について説明すると
 1)業務システム改善企画の立案
  1-1)業務システムの企画・提案・評価
    業務体系の把握
    →業務内容の調査・分析
    →業務システムの改善の企画
    →業務システム改善案の事後評価
    キーワード:事業内容、経営方針、組織運営、組織機能、
          組織構成、部門方針、部門活動、ニーズ分析、
          業務プロセス、BPR、業務改善目標、
          改善案の策定、費用対効果、PDCA、DFD、E-R図、
          問題発見・解決技法
  1-2)ITを活用した業務改善
  ・IT活用の為の役割と機能
  ・IT活用に適した業務
  ・IT活用の為の利用者の役割
  ・IT活用の状況把握
  ・IT活用のガイドライン
  ・IT活用と他システムの連携
  キーワード:EUC、オープン化、パッケージソフト、利用者、
        コンピュータ利用技術、データ共有、セキュリティ
  1-3)情報システムの企画・提案・評価
    情報システムの展開・自社システムの把握
       ↓
    情報システムの実現
       ↓
    業務システム改善評価
  ※情報システムの展開:データ処理、経営情報システム(MIS)、
   戦略情報システム、ERPパッケージソフト
  ※自社システムの把握:基幹系システム、情報系システム、
   ネオダマ、システムフロー、CSF、重要成功要因
 2)情報システム構築のためのマネジメント
  2-1)情報システムの開発
  2-2)ユーザー要求分析
  ・ITの活用基準
  ・機能要求の設定
  ・性能要求の設定
  ・安全性、信頼性、障害対策要求の設定
  ・運用、保守要求の設定
  キーワード:ユーザー要件、機能要求、性能要求、バックアップ、
        リカバリ、レスポンス、定量化、評価尺度の設定、
        障害対策
  2-3)システムの設計・構築
  ・ソフトの選定 → システム環境の設計
  ・画面設計基準の設定
  ・操作性標準の設定
  ・アウトプット設計基準の設定
  ・ヒューマンインターフェースの設計、開発
  キーワード:OS、ネットワークOS、パッケージソフト、
        表計算ソフト、ワープロソフト、
        データベースソフト、FEP、ネットワーク制御、
        ネットワーク監視、関係データベース、
        データベース連携ソフト、グループウェア、
        プロトタイピング
  2-4)システムのレビュー
  ・情報システム企画のレビュー
  ・システム設計のレビュー
  ・ヒューマンインターフェース設計のレビュー
  ・運用計画のレビュー
  キーワード:費用対効果、システム性能、ユーザー要件、
        差異分析、リスク、レビューポイント、評価ポイント
  2-5)テスト及び検収
  ・システムに必要なテスト
  ・テスト基準の作成
  ・テスト手順の作成
  ・テストの実施と評価
  キーワード:機能テスト、性能テスト、運用性テスト、
        リカバリテスト、システム間連携、エラー検出
  2-6)システムの運用
  ・運用体制の立案
  ・IT活用推進の為の教育体制メニューの立案
  ・システムを運用していく組織体制の立案
  ・教育
  ・運用計画
  ・環境管理
 3)情報システム利用の為のマネジメント
  3-1)データの活用
  ・データ活用の意義
  ・データのまとめ方
  ・データ活用の留意点
  キーワード:使えるデータ、データの性質、データの持ち方、
        データモデリング、正規化、暗号化、データ量、
        データ更新、紙情報、ファイル転送、
        リモートデータベースアクセス
  3-2)システム利用マニュアルの整備
  ・業務マニュアルの作成
  ・運用マニュアルの作成
  ・マニュアルのオンライン化
  キーワード:業務マニュアル、運用マニュアル、システム説明書、
        マニュアルレス、オンラインマニュアル、社内ルール
  3-3)システムの運用
  ・情報システムの状況把握
  ・セキュリティ
  ・知的所有権
  ・利用促進
  キーワード:システム構成、情報資源管理、バックアップ、障害、
        性能、著作権、使用許諾、不正アクセス、企業機密、
        不正競争防止法
  3-4)ケーススタディ
   情報システム活用推進


システム管理者を目指すなら ←←←お奨め:★★★★★
上級システムアドミニストレータを目指すならこれ!

               最新記事へ     トップページ
posted by ミニミニ管理者 at 21:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 上級シスアド



ブログランキング挑戦中!
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
↑↑IT資格ブログランキング↑↑

ブログランキング

資格ブログランク


システム管理者を目指すなら
ミニミニ診断士の頑張れ!中小企業診断士
システム管理者にとって業務知識は必須です!
AX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。