2007年04月28日

上級シスアド−現状分析の手順

現状を正確に把握する為には、やみくもに調査しても良い結果は得られないので、初めに「調べる対象を明確にする」必要がある。続いてどの様に調べるかという「調査の計画を明確」にして、「計画に基づいて効率よく調査を実施」する。その後、「調査結果を整理・分析」して根本的な問題点を探り出す方針がとられる。

     対象業務システムの範囲の明確化
            ↓
        現状調査(情報収集)
             ・調査目標の明確化
             ・調査計画の立案
             ・調査の実施
            ↓
         調査結果の整理
            ↓
           問題発見

システム管理者を目指すなら ←←←お奨め:★★★★★
上級システムアドミニストレータを目指すならこれ!

               最新記事へ     トップページ


世界でもっとも尊敬される企業経営者ジャック・ウェルチ。
1980年に発明王エジソンの流れを汲むGE(ゼネラルエレクトリック)の..

タグ:用語辞書
posted by ミニミニ管理者 at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語辞書



ブログランキング挑戦中!
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング
↑↑IT資格ブログランキング↑↑

ブログランキング

資格ブログランク


システム管理者を目指すなら
ミニミニ診断士の頑張れ!中小企業診断士
システム管理者にとって業務知識は必須です!
AX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。